外観

アパート経営の失敗事例を知ろう|成功するための近道

からくりがあることを知る

模型

アパート経営をはじめるにあたって、高利回りの20%以上をうたっている物件、空室率が異常に低く入居率が異常に高い物件は注意が必要です。うまい話にはからくりがあることを知り、失敗事例などを参考にすることが大切です。

詳しく読む

上手なアパート経営

いろんな住宅

アパート経営で失敗の原因になりやすいのは空室リスクです。空室を避けようとするとリフォームの出費がかさみ、経営を圧迫する事例も見られます。また、サブリースなら一定期間の家賃は保証されますが、減額もありえます。これらの事例を参考にし、アパート経営を成功させるコツを見つけましょう。

詳しく読む

安定性の魅力を享受しよう

打ち合わせ

不動産投資は、多くの投資方法の中で最も安定性が高いのが魅力です。株式投資のように株価変動リスクを心配する必要がないほか、毎月安定した家賃収入を得られます。安定性が高い不動産投資の中でも、最も安定した家賃収入を得られるのがアパート経営です。アパート1棟を保有するだけで分散投資が行えるため、不動産投資のプロでなくとも資産を形成できます。しかし、残念ながらアパート経営に失敗してしまう方もいらっしゃいます。なぜ非常に安定性が高いアパート経営で失敗される方がいらっしゃるのでしょうか。失敗事例を参考にすることで、アパート経営の失敗を回避できます。安定性が高いアパート経営の魅力を十分に享受できるよう、失敗事例をきちんと把握しておきましょう。

失敗事例で最も多いのが、立地を厳選しなかったことです。どんなに優れたアパートを建てようとも、立地が悪ければ入居者は確保できません。特に既に土地を持っていた方が土地活用を行う場合に、立地を厳選しない傾向にあります。立地が悪ければ土地を買い換える必要があるため、安易に土地活用を行うのは避けましょう。また、入居者ニーズを満たしていないアパートを建ててしまった失敗事例も多くあります。現在のアパートは、デザイナーズアパートが主流です。デザイン性が低いアパートを建ててしまっては、それだけで入居者の候補から外れる恐れがあります。設備だけではなくデザインにこだわることで、入居者ニーズを満たしたアパートを保有できます。デザインなんか関係ないと思われている方は、失敗する恐れがあるため考えを改めましょう。

成功へ導くための道標

オペレーター

アパート経営で失敗してしまう事例の多くは、需要を把握していない事が挙げられます。アパート経営として上から目線となり、融通が利かなくなる事も失敗の原因として挙げられます。需要とは、一種の人が持つ快感であるため、人の快感に対して目を配る事も大切です。

詳しく読む