オペレーター

アパート経営の失敗事例を知ろう|成功するための近道

上手なアパート経営

いろんな住宅

サブリースのメリット

土地活用の手段としてアパート経営が注目されています。なぜなら、アパート経営はサラリーマンの副業にもなるからです。また、高齢者の所得収入源にもなります。しかし、成功するコツを抑えて置かなければ失敗する可能性もあります。多少のリスクはつきものだということをきちんと把握しておく必要があるでしょう。なので、現在では新築アパートの約半分が、サブリース契約を結んでいるのが現状です。サブリースは一定期間の家賃収入が保証される制度で、空室や滞納のリスクを避けられるというメリットがあります。ただしサブリースでも家賃が減額されることはあり、支出に追いつかなくなるという失敗事例もあります。その為、最初の契約の段階で、内容をしっかりと確認することが大切です。

リフォーム費用を考慮

アパート経営の失敗事例は、綿密な資金計画を立てていない場合に見られます。よくある事例としては、リフォームのために多額の出費が必要になり、それが経営を圧迫するケースです。しかし、最新の設備がないと入居者にアピールできず、周囲との競争に負けて空室が増えることになります。なので、リフォームを行なう場合は、人気のエクステリアや設備についてきちんと調査をしておく必要があります。そして、失敗しないアパート経営のために、最も大切なのは、黙っていても入居者が集まる土地を選ぶことです。それができないのであれば、建物の魅力で人を集めるしかありません。リフォームに費用がかかることを覚悟し、計算に入れておく必要があります。